HOME>野菜栽培暦>たまねぎ

スポンサードリンク

たまねぎ栽培暦

                ♐大石ファーム     -野菜栽培暦-

タマネギ 栽培暦

  たまねぎ作りでは、土作りが一番、次に大事なのは種まきや定植、植付け時期です。
 ここでは、野菜ごとにいつどんな作業が必要なのかを知っていただき、おいしいタマネギ作りに貢献できればと思います。
 なお、静岡県中部地方の平野での栽培経験をもとに書いていきますので、他の地区の方は、気温や湿度、天候、風など諸条件 が違いますので、ここに記載してある方法では上手くいかない場合もあります。くれぐれもその点は気をつけて下さい。

野菜別栽培暦    月別栽培暦    野菜作りの基本    

 野菜の栽培方法     野菜の害虫

  

 たまねぎ

極早生種、中生種、中晩生種があります。(早生種、晩生種も聞いたことがあります)
保存期間は晩生種になるほど遅くまで保存できますが、4月下旬から5月上旬に収穫したければ、極早生種がお勧め!
筆者は、各種類を畝ごとに変えて栽培しています。

上・中・下旬                                   作業項目
8月 上旬 種を購入
下旬 苗床づくり 70cm×12m ph:5.5~7
施肥:堆肥30L、苦土石灰1200cc、ファイト3000cc、過リン酸石灰600ccを全面に撒き、耕す
10cm程度の高さの畝にする
9月 中旬 畑づくり 70cm×12m ph:5.5~7
施肥:堆肥30L、苦土石灰1200cc、ファイト3000cc、過リン酸石灰600ccを全面に撒き、耕す
10cm程度の高さの畝にする
5条マルチを敷く

極早生種
苗床にすじ蒔きする 2~3mm間隔
10月 上旬 中生種、中晩生種
苗床にすじ蒔きする 2~3mm間隔
中旬 苗床にビスダイセン+玄米アミノ液を噴霧
11月 中旬 極早生種から順次定植する
ネキリムシ対策 植え穴に薬剤を投入してから植え付けた方が被害は少ない
作業は、畝全体の植え穴に薬剤を撒いてから定植作業する
12月 初旬 ビスダイセン+ニームアミノを噴霧
1月 中旬 極早生種に追肥 有機化成粒状肥料1800cc
玄米アミノ液を噴霧
2月 下旬 中生種、中晩生種に追肥 それぞれに有機化成粒状肥料1800cc
3月 中旬 ビスダイセン+ニームアミノを噴霧
4月 上旬 ビスダイセン+ニームアミノを噴霧
5月 上旬 極早生種を収穫
畝全体の8割程度の葉が倒伏したら、抜き取りそのまま畑へ寝かしておく(晴天の日で2時間位)
筆者の保存方法:物干し台にかかった竿2本にネット(網目2cm位)を張り、ハンモッグ状態にし、そこに並べておく
葉が完全にしおれ、からからになったら葉と根を切り取り、浅目のコンテナへ並べて貯蔵。1段積みとし、コンテナを重ねる
6月 上旬 中生種、中晩生種を収穫
畝全体の8割程度の葉が倒伏したら、抜き取りそのまま畑へ寝かしておく(晴天の日で2時間位)
筆者の保存方法:物干し台にかかった竿2本にネット(網目2cm位)を張り、ハンモッグ状態にし、そこに並べておく
葉が完全にしおれ、からからになったら葉と根を切り取り、浅目のコンテナへ並べて貯蔵。1段積みとし、コンテナを重ねる

他の作物はこちらから

アスパラガス いちご いんげん 枝豆 オクラ かぶ かぼちゃ きゃべつ
きゅうり 京菜 サツマイモ サトイモ サニーレタス ししとう じゃがいも しょうが
すいか スナックエンドウ そらまめ 大根 たまねぎ 冬瓜 とうもろこし トマト
なす ニンジン にんにく 白菜 ピーマン ブロッコリー ホウレン草 まくわうり
ミニトマト メロン レタス わけぎ

    

スポンサードリンク

[PR]  野菜作り  害虫対策  デトックス


[PR]  畑の土作り 野菜の害虫  アンチエイジング

[PR]  菜園での野菜作り

- Copyright (C) 大石ファーム 野菜栽培暦  All Right Reserved -