HOME>野菜栽培暦>とうもろこし

スポンサードリンク

とうもろこし栽培暦

                ♐大石ファーム     -野菜栽培暦-

トウモロコシ 栽培暦

  とうもろこし作りでは、土作りが一番、次に大事なのは種まきや定植、植付け時期です。
 ここでは、野菜ごとにいつどんな作業が必要なのかを知っていただき、おいしいトウモロコシ作りに貢献できればと思います。
 なお、静岡県中部地方の平野での栽培経験をもとに書いていきますので、他の地区の方は、気温や湿度、天候、風など諸条件 が違いますので、ここに記載してある方法では上手くいかない場合もあります。くれぐれもその点は気をつけて下さい。

野菜別栽培暦    月別栽培暦    野菜作りの基本    

 野菜の栽培方法     野菜の害虫

  

 とうもろこし

上・中・下旬                                   作業項目
1月 月内 種の購入
3月 中旬 苗置き場用トンネル設置
種を玄米アミノ酸液に浸す
セルトレイに播種(種蒔培土)
散水、不織布
畑に作っておいたビニールトンネルの中に入れておく
下旬 畑づくり:70cm×10mの畑 ph:5.5~7.5
施肥 :苦土石灰1500cc+ファイト11号1500ccを全面に撒き、耕す
畝の中央に深さ15cm位の溝を掘り、牛糞堆肥30+配合肥料500ccLを投入し、埋め戻す
高さ10cm位の畝にする
株間30cmの2条マルチを敷く
3cm位に成長したら、液体肥料を潅水する
4月 上旬 定植穴にダイアジノンを投入
定植
定植後、アミノアルファを潅水
倒伏防止にフラワーネットを設置しておく
5月 上旬 アミノアルファ+ニームを噴霧
下旬 追肥:有機化成1000ccを畝周りに撒き、土と混ぜておく
6月 上旬 雄花が出始めたら、デナポンorスミチオンを撒いて、害虫対策
中旬 雌花が出始めたら、デナポンorスミチオンを撒いて、害虫対策
下旬 開いた雄花を摘み取り、焼却処分する(アワノメイガ対策)
大きくなってきた実にネットを1つずつかけておく(鳥よけ)
土が乾かないように収穫まで水遣りをする
7月 初旬 収穫
片づけ 残渣はよく乾燥させ、サトイモやショウガの株周りに敷いてやったり、太ネギの定植時に根元に置いてやる
(株を引き抜き、通路に寝かせておけば、よく乾きます)

他の作物はこちらから

アスパラガス いちご いんげん 枝豆 オクラ かぶ かぼちゃ きゃべつ
きゅうり 京菜 サツマイモ サトイモ サニーレタス ししとう じゃがいも しょうが
すいか スナックエンドウ そらまめ 大根 たまねぎ 冬瓜 とうもろこし トマト
なす ニンジン にんにく 白菜 ピーマン ブロッコリー ホウレン草 まくわうり
ミニトマト メロン レタス わけぎ

    

スポンサードリンク

[PR]  野菜作り  害虫対策  デトックス


[PR]  畑の土作り 野菜の害虫  アンチエイジング

[PR]  菜園での野菜作り

- Copyright (C) 大石ファーム 野菜栽培暦  All Right Reserved -